キノコ類は如何ですか

キノコ類は如何ですか

皆さま、キノコはお好きですか。
食用にされているキノコの多くは担子菌門、子嚢菌門と言う菌の塊、子実体と呼ばれているものです。
通常、キノコは木の根元や朽木、落ち葉の上等の上に生える物が多いのですが、冬虫夏草等虫に寄生するキノコです。様々な健康効果を持つとされ、漢方薬として珍重されますが、キノコが子供の頃から好きだった私も本物を見た時にあまりにもグロデスクで内服する意欲を無くしました。大変高価なものですしね。
何故、酵素ダイエットをする方にキノコをお勧めするのかと申しますと、キノコはローカロリーである上に食物繊維が豊富で、腹もちが大変良いのです。また、エノキタケやマッシュルームは人工栽培の技術が確立していて、価格が安定しているのも魅力です。


ダイエット中の空腹時の工夫

また、キノコは加熱したり、干したり、冷凍したりするとグアニル酸、グルタミン酸等の旨味成分が濃くなる性質があります。
「え、キノコを冷凍」と思われた方がおいでかもしれませんが、冷凍すると凍って膨張したキノコの中の水分が細胞を壊し、解凍した後にいらない水分が抜け旨味が出やすくなるのです。
この方法はしいたけがお勧めです。
また、エリンギやマッシュルームはオーブンで焼いてから、煮物やスープに入れると味が濃くなります。
私はずぼらでスープにするのが面倒なので、焼いたら、ハーブと岩塩をぱらぱらとふって、そのまま食べてしまうこともあります。
旨味をしっかり出すと塩分等体をむくませるものの量を少なくできるので、ダイエット中の身体に負担がかかりにくくなります。